梅田人妻風俗と使用済み下着

梅田人妻風俗を利用する使用済み下着フェチはいつまで肩身の狭い思いでいなければいけないのだろうか? 肩身が狭いのはただの思い込みで、実は私たちが思っているほど使用済み下着フェチに対する世間の目は冷たくないのではないか? いや、断じて違うと言い切れる。ちょっとネットで調べただけで「キモい!」「この犯罪者!」「死ね!」などと、罵詈雑言の嵐である。「まずは信頼できる心療内科を見つけて、何でも話せる信頼関係を築き、その上で正直に話してみてください。きっといい方向に向かっていきますよ」などと一種の病気扱いしている者までいる始末だ。病気といえば病気だが、診察が必要な類の病気ではない! こうなってくると、将来に期待するなとも、期待しろとも言い切れなくなってくる。

卑屈な使用済み下着フェチ諸君は将来のことなどなにも考えず、前向きに生きても、後ろめたい気持ちも持ち続けて生きても、どちらでもいいのかもしれない。ただ、いつか使用済み下着マニアの自分たちに明るい将来が開けてくるのではないか、という信念にも似た祈りを私は抱えているのである。

短距離走の景品はいつも使用済み下着でした。これが当時のスタンダードであったといえます。いま考えると小学校時代の短距離走の商品が使用済み下着だったのは、おかしいといえなくもありません。しかし私は圧倒的に燃えました。短距離が早くて景品を得て好きになったのか、もしくは最初から使用済み下着が好きで、それを勝ち得るために早く走ったのかはもう分かりません。そのため自分の原体験の根源までは分析できませんが、私は当時から今に至るまで短距離走が早いです。使用済み下着をもらえると考えたのなら、もしくは美女が待っていてその場で投げ与えてくれるのなら、私はとんでもない速度で走ることもできるでしょう。ああ、どんな競技であっても商品を使用済み下着にするべきなのです。オリンピックでもそうです。金メダルなどいらないから使用済み下着が欲しい。国の名誉などよりも使用済み下着が欲しい。給料は少なくていいから使用済み下着が欲しい。これが健全な男性の考えることであるといえます。そういった思いを抱えながら梅田人妻風俗を利用する人もいるのです。